市民ランナーの甲子園?!~びわ湖毎日マラソン~

みなさま、こんばんは。
院長の相原です。

先日の日曜日に開催された「びわ湖毎日マラソン」についてちょっと綴ってみたいと思います。
皆さんご存知の通り、今年で最後の開催となったこちらのレースなんですが、、、

・鈴木健吾選手の「日本人初の2時間4分台」で我々「凡人ランナー」は度肝を抜かれ・・・
・2時間6分台で走破した選手が上位5位まで・・・
・2時間7分台までが上位15位まで・・・
・2時間8分台までが上位28位まで・・・
・2時間10分切り(サブ10)までは上位42位まで・・・
・初マラソン「日本最高」を出した選手・・・
・川内選手が初の2時間7分台で走った事・・・

と日本記録のみならずフルマラソンで「超一流」と云われる「サブ10」が42名・・・
本当に歴史上語り継がれるであろう「最後のレース」だったわけです(^^;

エリートランナーにとっても重要なレースだったのですが、実は「市民ランナー」にとっても「参加資格」がとても厳しい云わば「夢の舞台:市民ランナーの甲子園?!」でもあったんです!!

通年での参加資格ですと、過去2年以内の公認記録で、、、
1. マラソン:2時間30分00秒以内
2. ハーフマラソン:1時間10分00秒以内
3. 30㎞:1時間40分00秒以内
4. 20㎞:1時間05分00秒以内
5. 10000m:31分00秒以内
を出していないと「スタートライン」にすら立てないんです(*_*;
しかも各区間の「関門」も厳しく・・・
◎15km地点 ……… 52分
◎20km地点 ……… 1時間10分
◎25km地点 ……… 1時間28分
◎30km地点 ……… 1時間48分
◎35km地点 ……… 2時間09分
◎40km地点 ……… 2時間30分
といった感じで1秒でもオーバーすれば「容赦なく救護車行き」になります((+_+))

私自身も生涯でたったの「2回」ですが、出場させてもらったのですが、、、
・2003年:2時間31分48秒(110位)
・2006年:1時間48分03秒(30㎞関門DNF)
「完走」できたのは「1回」のみで、2回目は見事に「30㎞の関門」で敢え無く撃沈でした(T_T)


※こちらはたった一度の完走して貰えた当時のバスタオル…大事にとっておこうと思います(^^;;

レースが無くなるにあたり…こういった「権威のあるレース」に2度走る機会を頂けたのは、本当に良かったと思っております。

改めて振り返ってみて、、、出場した選手、完走したすべての選手に本当に敬意を払うばかりです。
最後のレースを走られた皆様、、、本当にお疲れ様でした。

明日もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

【当院では、日々のケアツールとして「水素風呂、水素ガス吸入」をお勧めしています】

水素ガス生成器「リタエアー」の詳細はこちらをクリック↓↓↓

水素風呂「リタライフ」の詳細はこちらをクリック↓↓↓

?Gg[???ubN}[N??