練習計画の組み立て方~その2(ウルトラ期:肉付け編)~

みなさま、こんばんは。
院長の相原です。

「練習計画の組み立て方」の見直し、、、
今日は「その2:ウルトラ期(肉付け編)」についてです(^^;

昨日のブログでは、まず「大枠」を決めてからあれこれ考えていくといったお話をして
「4つの期」に分けるといったお話をしました。
今日からは、「それぞれの期」でどんな「練習メニュー」を組んでいくのか、その辺について話していきます。



先ずは「4月~6月のウルトラ期」についてです。
ちょうど3月までで「フルマラソン期」が終わるのですが、ここまでフルに向けてある程度の速い動きでの「脚づくり」をしているとの「前提」なので、、、ここからは「ゆっくりでも長く動ける身体づくり」を目指していきます。

メニューとしては、、、フルマラソン期の疲労を抜きつつ・・・
・起伏のあるコースを活用しての「距離走(30~50㎞:ペースは5:00 ~6:00/㎞)」あたり
・普段のジョッグは、「疲労抜きジョッグ」と「ビルドアップジョッグ」を中心にこの時期は繋ぐ
・「週末は距離走」を行って「ウィークデイはジョッグ」で繋ぐ
といった感じで全体のメニューを組んでいく感じになります。
あくまでも「長い時間一定のペースで動き続けられる身体、脚づくりが狙い」なので、この時期は「速さを追う練習」はほぼしない感じです(^^;

あまり「速い動き」は、この時期は必要ないと思いますが、適時ジョッグの中で「ファルトレク」の要素を組み込んだ「ファルトレクジョッグ」などで軽めに刺激を入れる程度です。

私の場合、、、
・4月に70㎞前後のレースを1本
・5月に100㎞のメインレースを1本
・6月の前半までは「休息期」に充てる
・6月の後半から「鍛錬期」に向けた準備
といった流れになります。。。

次回は、7~9月:休息期&鍛錬期
(しばしのリカバリーの後、インターバルやレぺテーションなど短い距離でスピード強化)
について話していきたいと思います。

明日もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

【当院では、日々のケアツールとして「水素風呂、水素ガス吸入」をお勧めしています】

水素ガス生成器「リタエアー」の詳細はこちらをクリック↓↓↓

水素風呂「リタライフ」の詳細はこちらをクリック↓↓↓

?Gg[???ubN}[N??