一流と二流の違い・・・(^_^;)

みなさま、こんばんは~(^^)

当院のブログへようこそ(*^o^*)

ご訪問頂き、ありがとうございますm(_ _)m

静岡県は、島田市東町で整体院をやっています…

走る整体師~☆こと、希望回復堂の院長やってます…

相原正大(まさひろ)でございます(o^^o)

本日も一日、お楽しみ様でした(^^♪

今日から「8月」がスタートです(^_-)-☆

以前の、新聞のコラムのなかに・・・なのですが(^_^;)

こんな「表題」の記事を見つけたので・・・ちょっと

スポーツ心理学のお話みたいなのですが・・・

「一流選手」と「一流になれない選手」の違い・・・です^^;


まず一流の選手は・・・

①大きな夢を持ち、達成するためのプランを実行し、常に達成するための努力をしている。

②自分のやりたい事、すべき事を理解して毎日の練習や生活過ごしている。

③自身で「やる気を高めること」ができ、目標やプランを持った「質の高い」練習(勉強や仕事)に繋がっていく。

④長、中、短期目標さらに現実的に達成可能な目標設定をし、達成するためのプランをも設定し、それを実行できる。

⑤試合などで緊張やプレッシャーを感じた時、自分の気持ちをコントロールでき、それらを味方につける方法を知っている。

⑥練習や試合に対する心の準備として、鮮明なイメージを作っている。

⑦試合や大事な場面での集中力の高め方を知っている。練習時から集中して取り組むことができ、「質、中身の濃い」練習が積める。

⑧「素直」であること、プラス思考であり、コーチや人のアドバイスをよく聞き、自分をより高めるための肥やしにする。

⑨できない理由を考えるより、できる理由探すことができる。


など・・・だそうです


上記のことが「出来る」か「出来ない」かが

一流とそうでない人の「分かれ目」だそうです。

自分自身は、果たしてどうだろうか??

と、考えさせられてしまいました


すべてに通じる話だと思うので・・・

肝に銘じておきたいと思いました(^_^;)

明日もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m




>>>水素風呂(リタライフ)の紹介は、こちら>>>・・・